• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 「ずうずうしい女」になろう。

著作一覧

戻る
「図々しい女」になろう。

「ずうずうしい女」になろう。

出版社:大和出版
発売日:2017年10月13日 (1037冊目)
価格:1,400円+税
商品コード:ISBN978-4-8047-0541-5

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)遠慮して、チャンスを逃している人。
(2)来る人には、トキメキを感じない人。
(3)高嶺の花の人を、好きになった人。
 
 
【高嶺の花は、
 アタックする人が手に入れる。】
 
ある女性が、高嶺の花の男性を好きになりました。
 
女性なら誰でも憧れるような男性です。
 
みんなにリスペクトされて、大人気です。
 
恋人もいます。
 
自分が相手にしてもらえるような存在ではないのです。
 
そういう人とつきあう方法は、
自分からアタックすることです。
 
実際、つきあっている恋人はアタックしたのです。
 
高嶺の花から誘われることは、ありません。
 
待っていてもチャンスは訪れません。
 
自分からアタックするしかないのです。
 
【高嶺の花に、アタックしよう。】
    
(「はじめに」から)
  
       *
 
 はじめに 高嶺の花は、アタックする人が手に入れる。
 
第1章 「向上心のある女」に、なろう。
第2章 もう、「つまらない男」とつまらない恋をしない。
第3章 「自分より格上の男」を、狙っていこう。
第4章 「クセになるような存在」を、目指そう。
第5章 「たったひと言」で、抜け駆けしよう。
第6章 「自分から仕掛ける」ことで、恋は動き出す。
第7章 「この人が好き」という本能に、したがおう。
第8章 「この先、どうなってもいい」というぐらい、燃えよう。
第9章 「刺激をくれる男」と、冒険をしよう。
 
 おわりに 恋愛は、自分が成長する階段だ。

購入する

pagetop