• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | いい女の教科書【文庫】

著作一覧

戻る
978-4-479-30428-9

いい女の教科書【文庫】

出版社:大和書房・だいわ文庫
発売日:2013年04月10日 (922冊目)
価格:600円+税
商品コード:ISBN978-4-479-30428-9

タグ: ,

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)いい女になりたいけど、毎日のお稽古ができない女性。
(2)知らないうちに、返事が暗くなっている女性。
(3)結果が出ないことに、あせっている女性。
 
 
【いい女は、毎日、お稽古ができる。】
 
世の中には、きれいで、美人で、スタイルもよくて、性格もいいのに、
お稽古が苦手な人がいます。
 
そもそも優秀な人ほどお稽古が苦手です。
 
もともと器用で、なんでもできるからです。
 
不器用な人は、お稽古に抵抗がありません。
 
そもそも不器用なので、できないことが前提です。
 
先生が教えたくなる生徒は、ちゃんとお稽古をしてくる人です。
 
仕事を教えたくなる人は、コツコツ練習してくる人です。
 
一発で変わることを目指すのが、いい女モドキです。
 
向上心があってお稽古が嫌いな女性より、向上心がなくてお稽古しない人のほうが、
まだマシです。
 
いい女モドキの言う「向上心」は、最もイヤらしく聞こえるのです。
 
【向上心があるだけで、満足しない。】
 
(「プロローグ」から)
 
       *
 
 プロローグ いい女は、毎日、お稽古ができる。
 
1章 いい女には、緊張感がある。
2章 いい女は、毎日している。
3章 いい女は、思い込みを捨てて自由。
4章 女を下げる習慣は、やめよう。
5章 いい女は、工夫でツキを呼ぶ。
 
 エピローグ ゴキゲンは、マナー。
 
(「目次」から)
 
※この本は、書き下ろしです。

購入する

pagetop