• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | なぜいい女は「大人の男」とつきあうのか。

著作一覧

戻る
なぜいい女は「大人の男」とつきあうのか

なぜいい女は「大人の男」とつきあうのか。

出版社:秀和システム
発売日:2015年09月5日 (976冊目)
価格:1,300円+税
商品コード:ISBN978-4-7980-4481-1

タグ: ,

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)いい女と、つきあいたい男性。
(2)ダンディになりたい男性。
(3)好きな人を、ダンディにしたい女性。
 
 
【いい女は、
 言いなりになる男を尊敬できない。】
 
いい女は、尊敬できる男性とつきあいます。
 
尊敬できる男性は、言いなりにならない男性です。
 
モテない男にとっては、これが最もつらいのです。
 
相手が望むように動いているのに、嫌われるのです。
 
「君はどうしたい?」と聞いて、そのとおりにしてあげます。
 
「プレゼントは何が欲しい?」と聞いて、それを買ってあげます。
 
にもかかわらず、「あなたはつまらない。
言いなりになるような男はイヤだ」と言われるのです。
 
ダンディな男は、ポリシーを持っています。
 
相手によって、そのポリシーを曲げるようなことはしません。
 
ポリシーとは、自分の生活のリズムです。
 
ダンディな男には、生活のリズムがあります。
 
自分の生活のリズムを崩してまで、女性の要求に応えたりしません。
 
生活のリズムに、その男の生き様があるのです。
 
いい女は、男の生き様に惚れるのです。
 
【仕事を犠牲にしてまで、つきあおうとしない。】
  
(「プロローグ」から)
 
       *
 
 プロローグ いい女は、言いなりになる男を尊敬できない
 
第1章 ダンディな男は、恋愛をしている。
第2章 ダンディな男は、女性の買い物につきあえる。
第3章 ダンディな男は、レストランの楽しみ方を知っている。
第4章 ダンディな男は、あっさり、しつこく誘う。
第5章 ダンディな男は、女性の長い話を黙って聞ける。
第6章 ダンディな男の優しさに、いい女が惚れる。
 
 エピローグ 自分の美学に対して、やせガマンができる。
 
(「目次」から)

購入する

pagetop