• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

著作一覧

戻る
なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

出版社:PHP研究所
発売日:2015年12月19日 (985冊目)
価格:1,300円+税
商品コード:ISBN978-4-569-82870-1

タグ: ,

【この本は、3人のために書きました】
 
(1)本を読む時間とお金がない人。
(2)本の選び方がわからない人。
(3)本を読んで成功したい人。
 
 
【本を読む人と読まない人に、くっきり分かれる。
 お金の格差が、知性の格差ではない。】
 
本を「読む人」と「読まない人」との格差が生まれています。
 
お金を持っている人と持っていない人ではありません。
 
学歴のある人とない人、才能のある人とない人、
運のある人とない人の格差ではありません。
 
電車の中でも、本を読んでいる人とスマホを見ている人とで
くっきり分かれています。
 
お金の格差が、本を読む読まないの格差にはなっていません。
 
本を読む人の格差が知性の格差になり、
結果、収入の格差につながるのです。
 
この習慣は、持って生まれたものではありません。
 
自分が「本を読むグループ」に入るのか、
「本を読まないグループ」に入るのかで分かれます。
 
本を読む人同士、本を読まない人同士で集まります。
 
本を読む人と本を読まない人のかかわりは、
どんどんなくなっています。
 
これによって世界が2つに分かれる状態が今起こっているのです。
 
【本を読む人のグループに入ろう。】
 
(「はじめに」から)
  
       *
  
 はじめに 本を読む人と読まない人に、くっきり分かれる。
      お金の格差が、知性の格差ではない
 
1 本を読むから、成功する。
2 本が、チャンスを連れてくる。
3 読書は、新しい価値観に出会う旅。
4 いい本を読むと、姿勢がよくなる。
5 読書で、ポジティブになる。
6 本を読んだら、元気が出ていた。
 
 おわりに 読書は冒険だ。

購入する

pagetop