• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 一流の人のさりげない気づかい

著作一覧

戻る
一流の人のさりげない気づかい

一流の人のさりげない気づかい

出版社:ベストセラーズ
発売日:2016年03月26日 (992冊目)
価格:1,400円+税
商品コード:ISBN978-4-584-13710-9

【この本は、3人のために書きました】
 
(1)自分の言葉づかいのどこに気づかいが足りないのか、わからない人
(2)一流と二流の違いに、気づきたい人
(3)一流の人がしている気づかいを学んで、一流になりたい人
 
 
【何かしてもらった時】
 
X 「ありがとう」
O 「やさしい」
 
イスにかけていた上着が下に落ちたのを見て、
ホコリを払って拾ってくれた人に、
二流の人は、「ありがとう」と言います。
 
一流の人は、「やさしい」と言います。
 
「やさしい」と言われたほうが、
拾った人はうれしいのです。
 
「ありがとう」でも違和感は、ありません。
 
間違いではありませんが、普通の言葉です。
 
一流と二流の差は、
普通の言葉を使うか使わないかです。
 
一流の人のひと言を聞くだけで、
今まで何の違和感もなかった普通の言葉が、
突然つまらない言葉になります。
 
服を拾って渡してくれた人に
「ありがとう」は、当たり前です。
 
「やさしい」は、「ありがとう」も含みながら、
その上を行っています。
 
「ありがとう」は行為の評価です。
 
「やさしい」は人間の評価です。
 
行為の評価よりも、人間性を評価した言葉のほうが、
相手に刺さるのです。
 
(「プロローグ」から)
 
       *
 
第1章 普通の言葉を工夫するのが、一流の気づかい。
第2章 相手に気づかれないのが、最高の気づかい。
第3章 キッカケをつくるのが、一流の気づかい。
第4章 相手の気持ちを楽にさせるのが、一流の気づかい。
第5章 相手の小さな望みをかなえるのが、一流の気づかい。
第6章 さりげなく解決案を出すのが、一流の気づかい。
 
(「目次」から)

購入する

pagetop