• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 中学時代にガンバれる40の言葉

著作一覧

戻る
中学時代にガンバれる40の言葉

中学時代にガンバれる40の言葉

出版社:PHP研修所
発売日:2015年07月15日 (971冊目)
価格:1,100円+税
商品コード:ISBN978-4-569-78481-6

タグ:

【壁を突破するのは、言葉だ。】
 
僕は標語が好きです。
 
僕の本は、すべて標語のようなものです。
 
広告代理店では、それを「コピー」と言います。
 
壁に貼るのも好きです。
 
僕にとって、壁は宝物のコーナーです。
 
ポスターや標語など、好きなモノが貼れるのです。
 
「壁」には「限界」という意味もあります。
 
これは面白いです。
 
「壁」は限界を意味しながら、一方で、
未来への夢を掲げる場所にもなっているのです。
 
目の前に限界を突きつけられているところが、
実は未来への夢のポスター、夢の標語の貼り場所になっています。
 
壁を突破するのは、「言葉」です。
 
壁を突破したければ、壁におまじないの札を貼ってしまうことです。
 
それが「言葉」という呪文になるのです。
 
【好きな言葉を、壁に貼ろう。】
 
(「まえがき」から)
 
       *
 
 まえがき 壁を突破するのは、言葉だ。
   
第1章 どうせ泣くなら、好きなことで泣こう。
第2章 むずかしいのは面白い。まちがったら、面白い。
第3章 実際の体験をしよう。
第4章 努力より、工夫をしよう。
第5章 君のガンバリを見てくれている人がいる。
 
 あとがき ため息をつく時、夢が実現する一歩手前にいる。

購入する

pagetop