• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 楽しく食べる人は、一流になる。

著作一覧

戻る
楽しく食べる人

楽しく食べる人は、一流になる。

出版社:秀和システム
発売日:2016年11月2日 (1009冊目)
価格:1,300円+税
商品コード:ISBN978-4-7980-4826-0

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)レストランの人に、愛される人になりたい人。
(2)一緒に食事をした人に、愛される人になりたい人。
(3)食べることを通して、一流になりたい人。
 
 
【格上のマナーを学ぶことで、
 格上の人とつきあえる。】
 
レストランでのマナーは、
自分より格上の人にレストランに連れて行ってもらって学びます。
 
また呼んでもらえることもあるし、
もう呼んでもらえないこともあります。
 
自分が今まで、いつも行っていたお店とは違う、
格上のお店に行って「満席です」と言われることもあれば、
席をとってもらえることもあります。
 
その時に、格上の人のマナーを学ぶのです。
 
格下の人とつき合うマナーは
覚えなくてもいいのです。
 
「タカリ目的の人とどうつき合えばいいか」と
聞く人がいます。
 
そういう人とは一緒にごはんを食べなければいいのです。
 
タカる以外に一緒にごはんを食べる意味がないと見て、
タカってくるのです。
 
自分に価値があったら、
タカってくる人はいません。
 
タカる以外にこの人には価値がないと思われているのです。
 
格上の人とどうつき合っていくかというマナーを覚えることが、
チャンスをつかむことになるのです。
 
【格上のマナーを身につけよう。】
 
(「プロローグ」から)
 
       *
 
 プロローグ 格上のマナーを学ぶことで、格上の人とつきあえる。
 
第一章 「一流の人」とは、マナーが一流の人のことだ。
第二章 レストランで愛される人のふるまい。
第三章 女性は、お店の人と話すことで満足する。
第四章 お店の人に一目置かれる、「一流の流儀」とは。
第五章 食べるシーンに、人格があらわれる。
 
 エピローグ いいお店の見抜き方ができても、
       いいお客様にならなければ、予約がとれない。
 
(「目次」から)

購入する

pagetop