• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 粋な人、野暮な人。

著作一覧

戻る
粋な人、野暮な人。

粋な人、野暮な人。

出版社:ぱる出版
発売日:2018年04月10日 (1053冊目)
価格:1,300円+税
商品コード:ISBN978-4-8272-1122-1

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)「野暮だ」と言われた人。
(2)粋になりたいけど、身の回りに「粋のお手本」のいない人。
(3)大切な人に、粋になってほしい人。
 
 
【わざとギリギリまで来ない添乗員さんが、
 気づかいがある。】
 
粋とは、相手を大人扱いすることです。
 
自分にも「子ども扱い」を求めないことです。
 
たとえば、ツアー旅行の集合時刻が午前8時になりました。
 
こういう待ち合わせの時は、
お客様は必ず「早めに来ましょう」と言われます。
 
添乗員さんは、
「少なくとも30分から1時間前に来ているもの」と考えがちです。
 
ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツの高萩徳宗さんは、
8時出発の場合、8時00分00秒に来ます。
 
その時刻に全員がそろって出発できればいいからです。
 
高萩さんがその方針をとっているのは、
お客様に対し、修学旅行生のような子どもではなく
大人として接しているからです。
 
「8時出発ですから5分前までに来てくださいね」と言うのは、
お客様を子ども扱いしています。
 
大人が大人とつきあう関係の中で生まれるのが
粋なのです。
 
【お客様に気をつかわせない。】
 
(「プロローグ」から)

購入する

pagetop