• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 講演の感想(感想投稿)

講演の感想(感想投稿)

戻る

講演の感想受付中

大阪校・一流塾(2)
「一流と二流の違いがわかる7つの方法」

1月13日(土)

早川 泰之

今日は、前日のNHK梅田の話から始まり、一本でつながりました。何かにつなげる能力が、その人の実力に結びつきます。いかに見えないところを見たり、鳴っていない音を聴くことが楽しいことにも気づきました。

朋子

基本がないと先生の真似すら出来ないと教えていただきました。
目から鱗です!
真似されるのが不安になるうちは、まだ二流ということだと反省しました。
独学について、そこまで考えたことがありませんでしたので、これもビックリ!
英國屋さんのスーツかな?と拝見していたのですが(まだまだスーツの勉強中です)、この仕立てを見て、裁断された布を渡されても、私には、似ても似つかぬコピーしか作れないと考えていました。

白石由美

どうして「一流」が見えないのか、どうして真似できないのかを思い知りました。
そもそも捉え方が全く違っていた事が大きなショックです。
ここをわかっていないから、どんなに一流の人に会っても学べないでいたんですね。
女性だって「軍事力」です。初めて「一流」を体系化して学ぶことができました。
そして「好き」にこだわることが、どんなに多くを捨てているかわかりました。
あぁ、なんか損しましたぁー。自分で自分に振り回されていたんですね。
そして「ジリジリ・ちびりちびり」この感覚が、景色を変えていくんですね。

yuka

 1日を通して、点をたくさん用意してくれている先生の猛烈講義、先生が線にしてくれているから線になってるけど、復習しないと自分の中で消えてしまいそうです。美術館など体験も入れながら自分で浮かび上がらせて、線にしていく努力をしたいなと思います。点を増やさなければ線にならない、ほんとにそうだと思いました。すでにある点もない点も、あっても自分で気づいてない点も、小テストで間違えながら、しっかり杭を打っていかないといつまでたっても線にならないと思いました。擬音語、擬態語でぼわーんと理解してしまおうというのは、興味から逃げているのかな、もっともっと勉強したいです。

朋子

迷いのあった箇所が、纏まりました。
師匠の本質は、どうやって学ぶんだろうと、考えていました。
生き様を真似ると、本質を見る力がついてくるように思いました。
知るだけではなく、実際に自分もやってみる。
そうして、自分との違いを実体験していかないと、本質は見えないと思いました。
「一流の師匠に技術や知識を学ぶのではなく、生き様そのものを学ぶ」
「技術を真似しようとするのではなく、生き様を真似する」
二流の人は、生き様を学ばないので、真似ができると思えてしまうのだと考えました。
やっと纏まりました・・・

講演の感想受付中

戻る

pagetop