• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 講演の感想(感想投稿)

講演の感想(感想投稿)

戻る

講演の感想受付中

大阪校・映画塾(53)
「映像を自分の頭に作れる7つの方法」

1月13日(土)

早川 泰之

立場の逆転が起きる例を豊富に示していただいて、勉強になりました。「宇宙人からの司令」のラストが切なくて、素晴らしかったです。感情の揺れ動きが、物語にとても重要と感じました。ありがとうございます。

咲子

今自分が好きなものと、今の自分に必要なものは、違うのかも知れないな。と思いました。
人から勧められたものを中々受け入れられないのですが、今年はうまく編まされてみたいなと思いました。

咲子

絶対勝てない相手の前には自由でいられる。というのが印象に残りました。
強さに憧れてましたが、強さより自由の方がしなやかな強さ、幸せな強さがある気がしました。

めちゃくちゃ楽しい映画塾でした。たくさん映画も紹介してもらえて、最後は和牛のコントまで!中谷先生は和牛のコントに「これ映画やん」って感想をもつところにシビレました。もっともっといろいろなものを深く見ていけるようにしたいです。感動の時間でした!

朋子

作家はMとSが同居しているのかな?と考えていました。
私は制作中はMで、構想中はSです。
ソン・ガンホはSの役のイメージがありましたが、耐えている時の溜息が色っぽくて、ゾクッとしました。
逆転のSMを楽しめました。
韓国人のクリスチャンの青年は、本当に純情だと聞いています。
きっと、もっとリアルに迫ってくるのでしょう。
女性の解放の文化を楽しんだ私も、エレノアと同じ、電気、点けたり消してみた派です。
そんシーンでエレノアを、めっちゃ好きになりました。
エレノアの純愛、素晴らしいです。

白石由美

「ハッピーエンドな映画」でないと見たくない!と思っている私は、
「ジョーズもの」なんてジャンル「あの、いりませんけど。」と思っていました。
なのに淀川さんが褒めたなんて、さっぱりわからないでいました。
ーーそうなんですね。味わい方が、お子様ランチでした。
衝撃だったのは、これ、言っちゃっていいんでしょうか?「SM」です。
イタイ・イタイ・いらない・いらない。と全く関心なかったんですけど
「陰翳礼賛」を書く谷崎純一郎が、なぜ危ない作品をも書いているのか
やっと、やっと、飲み込めました。
藤原竜也との逆転劇。百恵お嬢様との逆転。そしてエレノアちゃん。
中谷先生の一人三役のエレノアちゃんにはどれほど笑ったことか。
「ケンちゃーーん」これで愛されない人は、いないですね。

講演の感想受付中

戻る

pagetop