• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 講演の感想(感想投稿)

講演の感想(感想投稿)

戻る

講演の感想受付中

大阪校・美学塾(3)
「日常の美に気づける7つの方法」

2月10日(土)

カウカウ善し

私は今の自分の枠の外にある、何か私の知らない、今とまったく違ったものを探しているのかと思った。

銀行のイメージがガラッと変わりました。

サラリーマン家庭で、サラリーマン生活の私にはちゃぶ台がひっくり返る驚き体験でした。

借りた物は、相手に1秒でもすぐに返す。が当たり前の私には、借りたのではなく買った、の世界があったのが驚きでした。

またそんな話が聞きたいです。

先生の【よくできてるな】はカッコいいし、学びの深い言葉なので真似していきます。

榊田未央

先生の展覧会のスケジュール、ノートに一覧になって分かりやすかったです。
たった4列におさめられたこのシンプルさに、自分の思考錯誤が甘すぎると感じました。
先生の秘策を教えてもらっているなら、本来はその分短縮できる筈なのに。
そう書きながら今更、こなす量が少ないから、思考錯誤が少ないのだと当たり前のことに気がつきました。

榊田未央

復習の仕方を教えて頂き、圧倒的にノートが見やすくなり、感動です。
復習には深さはつきないのでしょうが、今回でひとつ階段を上がれた気がします。こんなに楽しい気持ちは初めてです。
こうやって勉強にはまっていくのだと思うと、残りの人生が楽しみで仕方ありません。

咲子

東京にはたくさん美術館があると言いましたが、
東京に住んだとしても、行く人は行き、行かない人は行かないんだろうなと思いました。
勉強していなかった私にとって、観光案内所のお姉さんに聞くまで、徳川美術館も無名でした。
香道のお道具は、昔のアロマセット? 位しか想いが至らなかったけれど、
ままごと道具のような可愛いさも感じられ、何故か親しみさえ覚えました。
国宝を見たかったわけでもないのに、ぶらりで148分の2に出会えるのも不思議でした。
展示物を守るガラスがガラスっぽくなく、
触れるんじゃないかと思うほどに展示物が望めるのも、面白かったです。
星を観ていたらどんどん増えていくように、
美術館も廻っていたら増えていくのだろうと思いました。

yuka

 絵は小さい頃から苦手意識がありました。それは、絵が好きという人が書くものは、鉛筆で書いただけの円や線でも美しくて、できそうな気がしないと感じてしまったからです。
 先生が用意してくれた、屏風や器の写真の塗らない白を、改めてまじまじと見ていたら、どういう順番で色塗ったのかな、その構想はどの時点で、どうやって考えるんだろう?と気になって仕方なくなりました。引っ込んでいるのに、光を感じて手前に見える、なんだか手品みたい。書いた人は「してやったり」と思うのでしょうか。できそうにない感は、増々大きくなったのですが、なんだか楽しそうだなと平面の世界ってものすごく自由な世界なのかもしれないとドキドキしました。
 そんなことを考えながらの谷川俊太郎の詩。神の手は、私は「神のような」という比喩だと思っていたのですが、まさに「神の手」だったんだとストンときた瞬間でした。
 そんなことはとっくにみんな知っていることなのかも、どうして教えてくれなかったんだろう。苦手なものに触れて気づくことがあると前半につながりました。
 毎コマ、沢山の準備を先生、ありがとうございます。

講演の感想受付中

戻る

pagetop