• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | 「学び」を「お金」にかえる勉強

著作一覧

戻る
学び方を学ぶ人が、稼ぐ。

「学び」を「お金」にかえる勉強

出版社:水王舎
発売日:2015年08月29日 (974冊目)
価格:1,300円+税
商品コード:ISBN978-4-86470-029-0

【この本は、3人のために書きました。】
 
(1)勉強しているのに、お金が入ってこない人。
(2)稼いでいる人が、どういう勉強の工夫をしているか、知りたい人。
(3)大切な人を、稼げるようにしてあげたい人。
 
 
【海外からの旅行者で、
 庶民層は、観光と買物をする。
 富裕層は、勉強と体験をする。】
 
海外から日本に来る観光客は、
 
(1)庶民層
(2)富裕層
 
という2通りに大きく分かれます。
 
その見分け方はいたってシンプルです。
 
旅行中にしていることが、はっきり違うからです。
 
ここに稼げる人になるかどうかのヒントがあります。
 
庶民層がしていることは、観光と買物です。
 
名所・旧跡に観光に行って、ショッピングを楽しみます。
 
一方、富裕層は、観光と買物にはほとんど行きません。
 
文化財をまわって勉強し、日本の文化を体験します。
 
文化財施設にはイヤホンガイドがあります。
 
イヤホンガイドを聞いたり、パンフレットを買って勉強する人が
稼げる人です。
 
絵はがきを買うだけの人は稼げない人です。
 
稼げない人は、原因と結果の解釈が逆転しています。
 
「イヤホンガイド500円は高い」とか
「パンフレット1000円は高い」と言うのです。
 
これは大きな間違いです。
 
「高いから借りない」のではありません。
 
「借りないから稼げない」のです。
 
ここに稼げる人と稼げない人の大きな差があります。
 
「観光・買物」と「勉強・体験」を両方する人は、いないのです。
 
「旅行」を観光と買物に費やしてしまう人もいれば、
勉強と体験に置きかえる人もいるのです。
 
旅行を学ぶに結びつけられる人は、
学びをお金に結びつけることもできるのです。
 
【勉強と体験をする旅をしよう。】
  
(「プロローグ」から)
 
       *
 
 プロローグ 海外からの旅行者で、庶民層は、観光と買物をする。
       富裕層は、勉強と体験をする。
 
Chapter1 「イエス」と「ノー」の間にある、代替案を見つけた人が稼いでいる。
Chapter2 いいコーチに出会った人だけが、勝っている。
Chapter3 稼いでいる人は、行動している。
Chapter4 稼いでいる人は、小手先で学んだりしない。
Chapter5 勉強の仕方を学ぶ人が、稼げる。
 
 エピローグ 稼げない人は、先天と運で稼げると考える。
       稼ぐ人は、勉強と体験でしか稼げないと考える。
 
(「目次」から)

購入する

pagetop