• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 作品一覧 | 著作一覧 | グズグズしない人の61の習慣

著作一覧

戻る
グズグズしない人の61の習慣

グズグズしない人の61の習慣

出版社:きずな出版
発売日:2018年02月21日 (1051冊目)
価格:1,400円+税
商品コード:ISBN978-4-86663-025-0

【この本は3人のために書きました。】
 
(1)なかなか行動に、移せない人。
(2)自分では早くしているつもりが、遅いと言われる人。
(3)スピードより、正確さを叩き込まれてきた人。
 
 
【グズグズする人は、
 お詫びで、その場を乗り切ろうとする。】
 
グズグズする人は、お詫びが多いのです。
 
失敗が多いからではありません。
 
うまくいかないことがあった時に、
お詫びで乗り越えようとするのです。
 
お詫びしている人は、反省していません。
 
お詫びの後に、「でもね……」と続きます。
 
「1ついいですか」と、続きます。
 
お詫びの後には言いわけが来るのです。
 
お詫びは、言いわけをするための前振りとして
持ってきているだけなのです。
 
お詫びをする人の特徴は、
「すみません、すみません」と、
「すみません」を2回言うことです。
 
グズグズする人にとって、お詫びは
「自分は悪くない」「悪いのはほかの人だ」
「仕方のない状況だった」という意味です。
 
「自分は悪くない」と言う人は、
今まで間違う体験をしてこなかった人です。
 
グズグズの根本は、
「切り捨てられることへの恐れ」です。
 
優等生ほど、グズグズします。
 
まずは、お詫びで逃げることをやめることです。
 
グズグズしない人は、お詫びをしないのです。
 
【お詫びで、ごまかさない。】
   
(「プロローグ」から)
 
       *
 
 プロローグ グズグズする人は、
       お詫びで、その場を乗り切ろうとする。
 
第1章 グズグズしないことで、成長できる。
第2章 モタモタしないことで、リスペクトが生まれる。
第3章 グズグズしないことで、人生が楽しくなる。
第4章 自分の感覚を、優先しよう。
第5章 一歩手前のグズグズを、解決しよう。
第6章 リスクは、怖くない。
第7章 相手の利益のために、行動できる。
 
 エピローグ グズグズから抜け出す3S。
       スピード・スマイル・素直。
 
(「目次」から)

購入する

pagetop