• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | レター

レター

中谷彰宏からの今日のメッセージ

戻る

スープを頭を動かさずに味わえると、エレガントになる。
11月ナカタニズ・テーブル東京in富士屋ホテル

2020年11月13日(金)

親愛なる君に

11月のナカタニズ・テーブル東京は、箱根の富士屋ホテル。
ナカタニズ・テーブルのいい所は、現地集合な所。
その前に、みんながいろんな所に行くことができる。
真ちゃん&エミちゃんは、強羅公園に。
桂子ちゃんは、彫刻の森美術館に。
食事の時に、おのおの見てきたところの話ができる。
セミナーで、日本ホテル史を路線図4枚で予習したので、
富士屋ホテルの歴史の重みが味わえる。
富士屋ホテルの中も、各自が探検している。

レストランでは、設えを味わう。
メニューは、各自自由に選ぶ。
迷う時間が、楽しい。
富士屋ホテルのシグニチャーメニューの
コーンスープの美しい飲み方が、いきなり難所になった。
頭の位置を変えずに、こぼさずに味わう。
ナプキンにポタポタこぼしながら、
エレガントな飲み方の練習。
スプーンの持ち方は、書道に通じる。
さっき拾った紅く小さい紅葉の葉を見せて、和ませる。

食後は、お庭に。
水車が回り、幸せの鐘が鳴っている。
三井寺以来、鐘があると、自分で鳴らしたくなる。
まずは、先生がお手本。
桂子ちゃんが、またしても三度打ちに。
「なんで、そんなにきれいに鳴らせるんですか」
日本の鐘も、西洋の鐘も、コツは同じ。

お庭の後は、館内の探検。
お姉さんの結婚式の時に宿泊したタイチョウが、先導する。
会話塾の成果で、みんながホテルのスタッフと
話せるようになっていて、座学の実践にもなっている。
テーブルには欠かせない本田くんに、
初参加の吉村くんをサポートする余裕があるのが、凄い。

彰宏より

P.S.
ベーカリーで、名物の富士屋ホテル特製カレーパンを買うタイチョウ。
この後の岡田美術館に向かうバスが来た。
さて、どうするか。
明日の【レター】に続く。

【中谷塾】ワークショップ
(【ナカタニズ・テーブル】【体験塾】も、こちらから)

pagetop