• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | レター

レター

中谷彰宏からの今日のメッセージ

戻る

華族の建物に入って緊張することで、磨かれる。
【大人の遠足塾】小笠原伯爵邸/前編

2019年07月13日(土)

親愛なる君に

中谷塾 東京校ワークショップ大人の遠足塾】の7月は、
6人限定の「小笠原伯爵邸で午餐会」でした。
僕が到着すると、すでに豪華な控室にそろっていたみんなが、
まるで裁判所で判決を待つ被告のように固まって、
ど緊張状態でした。
その瞬間に「遠足塾に小笠原伯爵邸を選んで良かったな」と感じました。
伯爵邸の建物が、すでに研修をしてくれています。
小笠原礼法の教場も、この建物の一室にあります。
まずは、館内全体を、意匠案内説明していただきました。
生で見ながら、意匠を説明してもらえるのが、
【大人の遠足塾】ならではの贅沢です。
パティオのあるスパニッシュスタイル、
イスラムモザイクのシガールーム、屋上庭園、ステンドグラスなど。
塾で予習授業をしていたので、さらに深く味わうことができます。

建築の教科書でも見たことがなかったのが、地下室でした。
元ボイラー室が、1万本のワインセラーに利用されていました。
湧き水を利用した井戸にも、モチーフの鳥の彫像がありました。
まるでルートヴィヒ2世の地下庭園のようでした。
主人の小笠原長幹伯爵は、
6月の【大人の遠足塾】で行った朝倉彫塑館の朝倉文夫に師事し、
自らも彫塑作品を作っていました。
屋上庭園や、朝倉文夫得意の動物の彫塑なども、
またつながってきました。

彰宏より

P.S.
そのあとは、午餐会に。明日の【中谷彰宏レター】に続く。

P.S.2
8月の【大人の遠足塾】は、
入れるとは知らなかった江戸と昭和のパワースポット巡り。/
増上寺&国際文化会館
」です。

pagetop