• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | レター

レター

中谷彰宏からの今日のメッセージ

戻る

1回と〇回は、天地の開きがある。
【ナカタニズ・テーブル東京】八芳園編

2019年10月10日(木)

親愛なる君に

中谷塾 東京校ワークショップ ナカタニズ・テーブル東京】の10月は、
秒速で満席になってしまいました。
「11月は?」
との催促メールに応えて、早速、11月3日(日/祝)に設定しました。
今回は、遠方の人も参加しやすいように、ランチにしました。
場所は、名家の結婚式でおなじみ八芳園。
江戸時代の大久保彦左衛門の屋敷から、島津下屋敷 → 生糸王・渋沢喜作 →
鉱山王・久原房之助と大名・好奇者に育まれてきた。
白金の一等地に、まさかの1万2000坪の庭園。
秋の紅葉を、テラス席から眺める優雅なひと時。
「いつも前を通るけど、立派な門構えで、敷居が高い」
と曜子ちゃんが笑っていた場所です。
披露宴でお呼ばれのとき以外、敷居が高いというところに、
普段遣いの食事ができるようになるのがいいね。
俳優の大河内浩さんの結婚式と、そういえば、
妹の結婚式も八芳園でお世話になりました。
「1回と〇回では、全く違いますね」
と、通訳ガイドのケイティが、すでに笑い始めてました。
披露宴で訪れる場所を普段使いにする。/八芳園編

彰宏より

P.S.
さらに、今回は、【大人の遠足塾】の前に時間を組みました。
【ナカタニズ・テーブル】をしたあと、
明治学院大学・清泉女子大学・原美術館」に行く贅沢コースです。
おまとめセットもあります

pagetop