• 大
  • 中
  • 小

中谷彰宏公式サイト - AKIHIRO NAKATANI -

ホーム | 講演の感想(感想投稿)

講演の感想(感想投稿)

戻る

講演の感想受付中

ナカタニズ・テーブル東京(3)
「5つ星ホテルのロマンティコを味わう。/マンダリン オリエンタルホテル 東京『ケシキ』」

12月1日(日)

内田秀典

料理の事を、こんなにも自分は知らないのかと痛感しました。
日本語で書かれたメニューが読めません。
注文しても、何が出てくるか分かりません。
食べても、味が分かりません。
何を食べたのか分からないので
会話が出来ません。
痛い経験でした。
今夜の夕食から、
食材は何か、妻に聞きながら食べます。

白 謙治

中谷先生からホテルは頂上作戦が良いと教えてもらいました。五つ星、四つ星を攻めて行こうと決意しました。マンダリンホテルのトイレは、絶景でした。よくこんな発想ができることだと、天才だと感じました。仕事でムカつくことや思い通りにならない事があったら、また、来たくなるトイレでした。

エミ

食事は「おいしい」だけではないということを存分に味わいました。食感も、味の組み合わせも、見た目も初めてのものばかりで驚きました。
ナカタニーズテーブルのみんなで醸し出す雰囲気とレストランのオシャレさも味に入っていました。
最後にブローシャーと共に、可愛い風呂敷のプレゼントがあったのが嬉しかったです。
ずっと入って見たかった、1階の小さい入口から広がる世界が夢のようでした。
次回の三井記念美術館の後は、ホテルに寄ります。

寺崎貴宏

先生が塾生たちの感想を聞きながらレストランのスタッフにチェックをお願いしたり、お皿を下げてもらうようさりげなく合図をするのを見て、綺麗にに流れるような動作だと感じました。教室の座学以外で先生の 所作を見て学ぶ大切さに気づきました。

法子

メニューを見て、自分が想像していたものとは違ったものが目の前に出される驚きがありました。「パイ」や「鰤のソテー」がお皿の上で芸術品となって出てきました。料理を見て驚き、食してその美味しさに驚き、景色の美しさに驚き。5つ星ホテルには、たくさんの驚き・魅力がつまっていることに気付きました。その魅力のおかげで会話も弾みます。たくさんのレストランが入っているので、機会をとらえて全制覇してみたいです。

白(大井)謙治

5つ星は、本物だった。私は、中谷先生と同じ空間にいると、なぜか矢沢永吉さんと同じものを感じる。私は、矢沢永吉さんを尊敬している。お会いした事もある。中谷塾に初めて行った時、中谷先生が近い。矢沢永吉さんも近い。基本、明るく朗らか。でも、会話のレベルが違い過ぎる。投げられる球が心を動かされる。最終的に、it’s up to you.と軽く投げかけられる。武士道精神を感じる。年輪の刻み方に憧れてしまう。50歳目前のおっさんの私が憧れを抱けることが嬉しくなる。偉い人物は良いけど偉そうにはなりたくない。5つ星も5つ星なのに謙虚でした。

白 謙治

中谷先生から教えてもらった5つ星のパレスホテルに宿泊しました。窓からは、皇居が見えて、東京の中心部に緑が多くて不思議な感じになりました。伝統と分かりやすいはやりと先端と3つのコンセプトを感じました。漫然と継続しているものはなかった。過去から引き継いだもの、現代、未来を感じさせてもらいました。特に未来のものは、分かりにくいです。でも、この大衆ウケを狙ってない実験が、5つ星なんだと感じました。大衆ウケから大きく外す勇気に感動します。

由紀

「着席は、左から」
まだ、固定観念にとらわれているようです。
体が固まり、椅子を引いていただいた真ちゃんをお待たせしてしてしまいました。
みんなで楽しむことがいちばんのお食事会。
これから、臨機応変さも学んでいきます。
ゆかりちゃんが、感動していた夏木マリさんのように。
先生の楽しいお話をお聞きしながらみんなで過ごした2時間は、あっという間でした。
また、次回も楽しみです。

由紀

芸術的なお料理で、景色も芸術的になる。
遠足あと、銀座シックス屋上庭園に寄り道です。
東京タワーに会おうと上がったら、3つの『美』と遭遇です。
『東京タワー & お月さま & ニコラス・G・ハイエックセンター』
前回、気づかなかったニコラス・G・ハイエックセンターが、すごい存在感です。
気づくと、お皿の中のお料理みたいに、ひとつの絵を創っていました。
美しいものを見ると、美しい世界も創れるようです。
次回は、どんな世界に出会えるんだろう。
楽しみです。

白 謙治

中谷先生から5つ星ホテルを教えてもらって早速、来年の目標ができました。5つ星、頂上作戦です。マンダリン、パレスを体験しました。次代の流れを読んで対応していないように感じました。5つ星は、次代の流れなんて読んでいない。次代の流れを創造している。異常なエネルギーを感じます。私は、障がい者の就労の流れを創りたい。5つ星、頂上作戦から学びます。そのためにも、一から仁義なき戦いを見直そう。007にもチャレンジしてみよう。

白 謙治

五つ星は、サプライズがたくさんある。しかし、一番力を入れているのは、お客様のテンションが下がるようことをしない。毎日、マイナス要因を分析して、それをなくすようにスタッフは勉強しているような気がする。まだ、1度しか行っていないのでよく分からないところが沢山ある。五つ星と広島のホテルを比較研究する価値がある。同じサービス業を仕事としている者としては勉強したくなる。本当に重要な事は、すぐには分からない。変えてよいことと変えてはいけないことの理念が徹底している気がする。

講演の感想受付中

戻る

pagetop